個人事業主の経費裏技とは?自営業のずるい領収書とレシート

個人事業主の経費裏技とは?自営業のずるい領収書とレシート

 

個人事業主とフリーランスの経費の裏技とは?自営業のずるい節税方法!経費で落ちる領収書とレシートとは、どのような領収書やレシートなのか?

 

個人事業主やフリーランスなど、自営業の人や副業など副収入があったり、医療控除で確定申告するあなたに、経費で落とせる領収書やレシートの裏技などをまとめています。

 

 

経費で落とせる領収書やレシートとは?

経費で落とせる領収書やレシートとは?

 

  • 宛名がない
  • 領収書をなくした
  • 領収書がボロボロになってしまった
  • 金額が読めなくなってしまった
  • 上様はダメなの?
  • キャバクラ嬢の化粧品代は経費で落とせるの?
  • 但し書きはないとダメ?
  • 交通違反の罰金は?
  • ドラッグストアのレシートは?

 

このような領収書やレシートが、経費で落とせるかどうか?経費で落とせる領収書やレシートとは、そもそもどのようなものなのか?知っているのと、知らないとでは大きな差があります。

 

領収書は代金を受け取った相手が手書きで渡してくれるもので、レシートはレジ機などで印字されたものです。レシートでは経費として認められなかった時代もありましたが、今ではレシートも領収書として認めてもらえます。

 

領収書やレシートは、あなたがお金を支払ったことを証明してくれ、きちんと整理して保管しておけば節税につながる大事な書類です。

 

しかし、すべての領収書やレシートが必要経費として認められるわけではありません。必要経費として税務署に認めてもらうには、お金の支払いが家庭用だったのか?事業用だったのか?がポイントなのです。